ウーマン

理想の賃貸物件を安く借りる方法|部屋探しのプロ

このエントリーをはてなブックマークに追加

発生する費用

室内

早稲田の賃貸物件を契約するときに、気になるのが初期費用です。初期費用がわかりづらくなっている物件もあるので、契約するときは注意しておいたほうが良いです。初期費用の負担が大きくなってしまうと、その後の生活が苦しくなってしまいます。特に注意しておきたいのが、消毒費用と事務手数料です。この初期費用は、不要と伝えることによって無くなることもあるので、まずは不動産会社に相談してみたほうが良いです。部屋探しの経験が少なくて、なんとなく契約している方が多いですが、このような費用を支払って損していることもあるので気をつけるべきです。また、早稲田の賃貸物件を探すときは、更新料もチェックしておいたほうが良いです。同じ部屋でも更新料が違っていたり、家賃の1ヶ月以上取れたりすることもあるので、事前に確認しておくと安心です。

早稲田の賃貸物件を探すときは、不動産会社に紹介してもらうのが一般的です。そのため契約したときには、仲介手数料を支払う必要があります。この費用は、家賃の1ヶ月分が相場となっています。中には、家賃の50%を仲介手数料と設定しているところもあるので、初期費用を抑えたい方はそのような不動産会社を選ぶと良いでしょう。家賃や敷金礼金の値下げ交渉を依頼するのは良いのですが、仲介手数料は不動産会社の売上になるので、これを値下げしてほしいという交渉は避けておいたほうが良いでしょう。信頼関係を築いていくためにも、このような基礎知識は知っておくと安心です。